News Release

平成19年3月20日
各 位
   melcogroup
会 社 名株式会社 メルコホールディングス
(URL http://melco-hd.jp/)
代表取締役社長  牧  誠
コード番号6676 (東証・名証第一部)
問合せ常務取締役経営統括本部長 牧 博道
本社所在地名古屋市中区大須四丁目11番50号
     (TEL 052-251-6891)

「財団法人メルコ学術振興財団」の設立について
 
   当社グループは創業30周年を記念する社会貢献事業として、学術振興財団の設立準備をすすめて参りましたが、このたび文部科学省から設立許可をいただき、「財団法人メルコ学術振興財団」を設立いたしました。

   当財団は、日本企業で実践されている管理会計実務(特に管理会計技法、管理会計システム、事業継承システム、それに関連する管理システム)を研究対象とし、その理論化を目指す研究に対する助成等を通じて、管理会計学の発展と普及、更にはわが国の学術及び文化の向上発展に寄与することを目的としています。
 

1.当財団の設立にあたり
   日本企業はこれまで優れた経営者に率いられて、グローバル市場において外国企業を圧倒する競争優位性を獲得してきました。しかし、いくら優れた経営者であっても、すべての経営領域を担当することは困難であり、また経営者も生きた人間である限りやがて世代交代を迫られます。したがって、経営者個人の経験やカンに頼った経営ではなく合理的な経営に必要な会計情報を提供する管理会計の重要性が高まっています。
   日本における管理会計学の研究は、これまでアメリカ管理会計学をより深く理解し、多くの教育機会を通じてそれを日本企業へ普及するというキャッチアップ戦略をとってきました。実際、優れた日本企業では、ほとんど例外なく優れた管理会計実務が展開されており、独自の管理会計技法を開発した企業も少なくありません。そして、すでに日本の管理会計学の目指すべき方向はキャッチアップから日本独自の理論を提唱するという目標に研究戦略を転換するところまで来ています。
   もちろん、今後もアメリカなど海外の最先端研究も必要ですが、重要なことは、日本の管理会計学の研究対象を日本企業の管理会計実務に移すことにあります。そこは、まさに解決すべき管理会計問題が頻発する会計最前線です。多くの管理会計研究者がそれと対峙して、管理会計研究を積極的に展開することで、やがて日本から世界に向けて独自の管理会計理論が多数提唱することも期待されます。
   メルコグループはパソコン関連機器の開発・製造・販売にかかわるベンチャー企業として大きく成長してきました。その成長の過程で限られた人的資源、設備や資金を有効に利用し、合理的な経営を実践するために管理会計を重用してきました。今後、ベンチャー企業のみならず、広く多くの企業で管理会計は有用かつ重要であり、その発展に寄与できることは多大なる喜びであります。


財団の概要
1.名称 財団法人メルコ学術振興財団
2.設立 平成19年3月16日
3.所在地 〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須4丁目11番50号  カミヤビル
4.理事長 上總 康行
5.事業内容   
   (1) 日本企業で採用されている優れた管理会計システム、それに関連する管理システム及び事業継承システムの理論化ないし定式化を目指す研究に対する助成
   (2) 管理会計学及びその関連領域に関する海外での学術報告に対する助成
   (3) 管理会計学及びその関連領域に関する出版助成
   (4) その他目的を達成するために必要な事業


6.役員一覧
平成19年3月16日現在

以 上


All right reserved Copyright MELCO HOLDINGS INC.